ストレスチェックの義務化

看護師の方々、毎日お疲れさまです。疲れがたまっていませんか?

看護師は悩みが多い仕事です。患者さんとのやりとりや細かい決まりごと、あるいは人間関係まで、他の職業より疲れが溜まりやすい仕事といって良いかもしれません。新人看護師の方は仕事を早く覚えなければならないプレッシャー、中堅看護師の方は指導のやり方などそれぞれ違った悩みを抱えていると思います。

そんな悩みの蓄積を計るためには検査が必要ですが、客観的に検査できる仕組みが施行されています。

平成27年12月1日に施行されたストレスチェック義務化により、労働者数が50人以上の事業所にはチェックの実施が義務化されました。これはもちろん看護師にも適用される法律で、従業員が50人以上の病院などで働く看護師は検査の受診対象者となっています。
この検査の義務化とは、「うつ」などのメンタルヘルス不調を防止するために導入された制度で、定期的に実施することで自らの状況について気づきを促し、検査結果を分析することで職場環境の改善を進めるための仕組みです。こうした仕組みを利用して、自分のストレスを計ることができます。自分がストレスを溜めているとわかったら、その改善に努めることが必要です。この検査は職場が実施するものですから、義務化によって自分がどんな悩みを抱えているか職場に相談しやすい環境づくりにも一役買っている可能性が考えられます。自分の悩みを職場の上司や同僚に相談し、悩みの軽減に努めましょう。

日々の看護業務でストレスを感じている方、こちら《あなたは大丈夫?ストレスチェックのススメ》でストレスと上手く付き合う方法を見つけてみましょう。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.