看護師はうつ病になりやすい?!

看護師の仕事にはストレスが溜まる要因が多くあります。

患者への対応が忙しく、日々の業務で行わなければならない作業が数多くあります。さらにそのような業務をこなしながら、施設内で起こるトラブルも解決していかなければなりません。仕事熱心な看護師は、厳しい労働環境でも黙々と働いています。しかしその熱心さが、時に大きな問題を引き起こすこともあります。ストレスを発散せずに溜め続けると、やがて心身の問題に発展する可能性が考えられます。

よくある例として、うつ病にかかるケースは珍しくありません。

うつ病は食欲不振や頭痛、強い倦怠感などの各種症状を引き起こす病気であり、症状が重くなると日常生活や看護業務にも悪影響を及ぼします。またうつ病が重度になれば、回復するまでに随分と時間がかかります。そのためうつ病にならないための予防策がなにより肝心です。どの程度の心身への負担があるかどうかは、簡単なチェックで分かります。体の状態をチェック項目に沿って確認し、該当する症状が一定数以上見られるようであればうつ病に陥っている可能性は高いです。頭が重い症状や、目の疲れ、夜中によく目が覚めるなどの症状が見られる場合、うつ病の可能性を疑い早めの予防対策が必要です。このようなチェックをわざわざ行うのは、本人が自覚してうつ病などの問題を抱えているか判断することが難しいからです。そのため自分自身では例え大丈夫だとは思っていても、定期的な確認が欠かせません。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.