ストレスは運動で発散

仕事のストレスを溜め続けると、心身に問題が生じるため注意を要します。

例えば、無気力や焦燥感といった異変を感じるようであれば、うつ病などの危険性があります。負担を軽減し長く働き続けるためには、何らかの工夫を必要とします。

看護師の仕事もストレスが多く、適度に不満を解消しなければなりません。

そこで運動により精神的な不満を発散するのも手段の一つです。体を動かすと些細な事にとらわれず嫌なことを忘れる効果が得られるため、精神的な負担の軽減に役立ちます。業務の合間にでも運動を行う習慣を身につけると、体調管理に活用出来ます。勤務している職場の近くに運動できる施設があれば、職場からの帰りにでも立ち寄って体が動かせます。その他にも、普段はエレベーターを使うところを階段で上り下りするなど、日常生活の中で工夫すれば運動する機会はいくらでも作ることが出来ます。

ストレス発散のために、定期的な運動を心掛けることは、精神の安定だけでなく体力アップにも期待できます。

看護業務は体力勝負な面があるため、基礎的な体力がなければ務まりません。運動を習慣として取り入れるようにすると、看護の仕事の負担が軽くなるメリットがあります。このような運動の取り組みは、看護師一人だけでなく同じ境遇にいる看護師とも協力して行うと長続きします。例えば職場全体でも運動を行う方針を採用すると、途中で挫折することなく運動が続けられます。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.